「事故後に精神的損害について説明してもらっていません」

『誰に(何に)対して』:損害社員
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『お申し出内容』

人身傷害の精神的損害について
「事故後に人身担当者と何度か話したけれど精神的損害については説明してもらっていません。知っていれば仕事を休んで給料が減っても通院していました。説明をしなかったことについて納得のいく説明が欲しいです。担当者から私に電話をください。」と。 痛みがあり仕事は厳しかったが、治療費しか保険で出ないと思っていたため、通院を我慢なさっていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』
人身傷害担当者(損害課)とお客様とでお話ししていただいた。送付した書類をお客様が目を通していないこと、今から遡って通院はできないことから、まずは書類をご提出いただき、その後速やかにお支払することとなったと報告を受けた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』
説明漏れや行き違いなどがないように、自動車事故の怪我については損害課の担当者とお客様とで直接話し合っていただくように気を付けていた。 しかし、お困りのことがないかをお聞きするなど、もっと積極的に関わるべきだった。 今後は損害課に任せきりにしない。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。