年末年始休業のお知らせ

本年も誠にお世話になりました。

誠に勝手ながら下記の期間中「年末・年始のお休み」とさせていただきます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

      記

令和2年12月30日(水)から
令和3年1月3日(日)まで休業

1月4日(月)より通常営業いたします

なお、事故・災害やその他保険請求に関するご連絡は次の東京海上日動あんしん110番をご利用下さい。
ネットもお電話も24時間365日受付けています。
電話  0120-119-110
ネット https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/songai/jiko.html

【重要】代理店合併について

2020年10月を持ちまして、下記2社が合併し「株式会社アペックスTIP」として発足しました。
新会社の情報は、会社概要をご確認下さいませ。

・アペックス株式会社
代表取締役 中田貴史
〒062-0034 札幌市豊平区西岡4条5丁目1-32 S・Kビル2階
TEL 011-851-7755(変わらず) FAX 011-851-5150(変わらず)

・ティー・アイ・プランニング有限会社
代表取締役 新谷拓己
〒003-0023 札幌市白石区南郷通3丁目北5-24
TEL 011-861-8011 FAX 011-861-8014

ティー・アイ・プランニング有限会社の電話/FAX番号は2020年12月24日を持ちまして不通となっております。
新連絡先 「TEL 011-851-7755 FAX 011-851-5150」へのご連絡と、ご登録の変更をお願いいたします。

「自分にぴったりな生命保険を見つけることができました」

『誰に(何に)対して』:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『お申し出内容』
「前に加入していた生命保険で、勧められたのは掛け捨ての保険だけだった。内心もったいないな、と思っていたところ、自動車保険の担当者から貯蓄型の生命保険があることを知りました。自分にぴったりな保険を見つけることができ、本当に良かったです」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』

自動車保険の契約後に【生命保険の選び方】について情報提供させて頂きました。
その時に現在加入している生命保険についても相談を受け、お客様の考えは『若いうちから入るのに掛け捨てだったらもったいない』とのことでしたので、貯蓄性のある生命保険を提案したところ喜んでいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』

お喜びいただけて何よりです。

お客様の優先順位や考え方をお聞きし、お客様ひとりひとりに合った保険を提案することが大切だと考えております。また、何でも相談がしやすい事が代理店のメリットですので、これからもお客様との関係性をしっかりと築いてまいります。 

「知人を紹介させてください!」

『お申し出内容』
「担当の方の対応がとても良かったので、ぜひ知人を紹介させてください!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』
担当募集人の事故対応や、普段の代理店からの積極的な契約管理に信頼を感じていただけました。それにより、知人の方の他社契約や、増車に際しましての相談をご紹介くださいました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』
 大切な方を紹介したいと思ってくださるような、お客様に信頼していただけるサービスを今後もお届けしてまいりたいと思います。

ご紹介頂きまして、誠にありがとうございます。

「紹介した友人から感謝されました。紹介してよかったです」

お申し出内容』
ご紹介した友人から、「丁寧に説明をしてくれて信頼できる人だったよ。紹介してくれてありがとう。」と言ってもらえました。紹介してよかったです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』
車を新たに購入されるという、40年来のお付き合いの親友をご紹介いただきました。超保険の仕組みで住まいやお身体の補償までご案内させていただき、被紹介者と紹介者、お2人にご満足いただきました。

「頼りになる代理店さんです」

『お申し出内容』
「元の代理店も保険会社も、事故のときに頼りにならなかったり、たらい回しにされたりで不満でした。なので勤め先の自動車保険を担当されている代理店さんを紹介してもらい事故の相談に乗ってもらい、満期から契約を切り替えました。すると切り替え前の契約の間違いも見つけて保険料も正しく返ってくることとなり、さっそく感謝です。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』

事故に遭われたときに、被害事故(相手が一方的に悪い事故)なのでこちらの保険は関係ないですからと、代理店に放置されてしまったそうです。実際は車両無過失特約などがあったので、ご自身の保険を活用なさることをお勧めしました。弁護士費用も未付保だったのでご案内しておすすめしました。
そう言ったこともあり満期から弊社への切り替えをご希望になり、よくよく契約条件を確認しましたところ、免許の色誤りなどが見つかりました。現保険会社へ訂正を求め、訂正保険料の還付となったそうです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』
 保険契約から事故対応まで、代理店が役立てるシーンは多々あるなと再認識しました。

また、被害者となったお客様も、場合によってはお困りのケースが有り、きちんとお客様に寄り添ってご対応をして参りたいと感じました。

「事故が起きた時、すぐに駆けつけてくれました!」

『お申し出内容』

「タイヤがバーストして困ったなぁと思い代理店さんに電話したら3分で来てくれました!本当に安心しました!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』

営業に出ていた社員が、お客様のトラブルに合われた地点のちょうど近くにいたため、すぐに駆けつける事ができました。
レッカー搬送も速やかに行い、お客様にご安心いただくことができました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』

たまたまのことですが、社員は各方面で営業活動をしていますので、アクシデントの際には最寄りの社員が駆けつけさせていただくこともございます。

ここで保険に入っててよかった!と思っていただける瞬間をできるだけたくさん作って行きたいと思っております。 

「いろいろと親切に教えてくれました」

『お申し出内容』
「いろいろと親切に教えてくれたおかげで、被害事故の解決がスムーズになりました。どうもりがとう。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』
車と車の事故でお客様の過失は0でしたが、相手は保険会社を通さずにご自身で交渉を進めてきました(等級ダウン回避のため)。 個人と個人の話し合いであるためお客様と面談し、今後の流れや方針を詳しく話し合いました。 結果として円滑に解決まで進み、お褒めの言葉を頂戴しました。

「最新の更新継続証に追加したはずの補償がついていませんでした」

『誰に(何に)対して』:その他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『お申し出内容』
「超保険の更新案内兼継続証が届きましたが、先日追加した建物の補償がついていません。この書類は昨日届いたから、最新の状態のはずです。変更した確認書類はきちんと届いているので、おかしいです。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』
更新案内に変更が反映しない可能性については、変更手続きの際に説明済みでしたが、手続きの際の確認がたくさんあり、お客様のご記憶には残っていなかったようです。 改めて超保険の更新の仕組み(変更反映前の情報で案内が自動背作成された)について説明し、ご納得いただきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』
お申し出の内容を社員全員で共有しました。 

「親身に相談に乗っていただけたことでホッとしました」

『誰に(何に)対して』:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『お申し出内容』
事故相談にのっていただいて安心しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ご対応方法』

近隣の住宅である日、杭が立てられていて、その足元のブロックが割れていました。自分が車の切り返しで知らぬ間に壊してしまったものかと思い、代理店へ相談をしました。代理店の方が親身に話を聞いてくれて、お相手に訪ねてみる勇気が出て、話をしてみたらお客様に非のあるトラブルではなく住人の方の都合によるものだったとわかりました。
相談に乗っていただけたことでホッとしましたありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『反省点・再発防止策』
 お客様の気持ちになるべく近づけるよう、今後とも拝聴を心がけます。そしてお客さまにとって親身なアドバイスと思っていただけるようなご対応をしたいと思います。わざわざお礼をいただきありがとうございました。